PR

 米CompUSAは米国時間12月7日に,全米の販売店舗すべてを閉鎖することを明らかにした。事業再生および投資会社の米Gordon Brothers Groupがすでに同社を買収済みで,資産整理に取り組んでいる。なお,ホリデー・シーズン中は全103店が営業し,閉店セールを行う。

 Gordon Brothers Groupは一部CompUSA資産の売却について複数の企業と交渉中という。売却対象となるのは,主要マーケットの一部店舗と,技術サービス事業CompUSA TechProおよびオンライン販売事業CompUSA.com。売却先が決まるまでは,CompUSA TechProとCompUSA.comはCompUSAが引き続き運営する。

 Gordon Brothers GroupのプリンシパルであるBill Weinstein氏がCompUSAの暫定社長を務め,米CRG Partnersのマネージング・パートナであるStephen Gray氏がCompUSA最高再編責任者に就く。現CEOのRoman Ross氏は,取引が完了するまで執行役員の1人として同社にとどまる。

 ちなみにCompUSAは今年2月に126店の閉鎖を発表し,販売店舗を半数以下に縮小したばかりだった(関連記事:CompUSA,全米に展開する店舗の半数以上を閉鎖へ)。

[発表資料へ]