PR

 米Dellは12月第2週,家電販売大手の米Best Buyと結んだ契約を通じ,小売店の販路を広げる。Dellは,早ければ2007年12月後半より,900店を超える米国各地のBest Buy店舗でノート・パソコンとデスクトップ・パソコンの販売を始める。

 Dell製パソコンは,わずか1年前までWebサイトか電話でしか買えなかった。それを考えると,店頭での露出がこれほど大幅に増えたことは非常に感慨深い。Dellのパソコンは,米Wal-Mart Stores,フランスCarrefour Group,中国Gomeといった小売店でも購入できる(関連記事:Dellが小売戦略を変更,6月からWal-Martの北米3500店舗でPC販売へDell,Googleの検索アプライアンスを民・官組織向けに直販チャネルで販売店舗販売の戦略進めるDell,今度は中国の家電最大手Gomeと提携)。

 こうした販売戦略が,パソコン販売トップの米Hewlett-Packard(HP)の追撃に十分かどうかは不透明だ。ただし,HPはこの数四半期でDellを引き離す一方のようにみえる(関連記事:2007年Q3の世界パソコン市場はEMEAとアジアがけん引,首位はHP)。