PR

 野村総合研究所(NRI)は12月10日、IT統制の支援機能を強化した統合システム運用管理ツール「Senju Operation Conductor」(旧eXsenju)と「Senju Service Manager」(旧CONTACT CAFE)の新バージョンを発売した。

 Senju Operation Conductor Ver.3.0には、システム構成情報などを自動収集する機能が加わった。システム構成が変更されたときに、判別しやすくする。そうしたシステムの監視機能によって、不正なシステム変更がないことを証明したり、不正行為やミスを改善・是正する「発見的統制」の負荷を軽減できるようにする。

 ITILプロセスの実践を支援するWebベースのサービス・デスク・ツールSenju Service Manager Ver.3.0は、インシデント管理などの詳細画面をユーザーが自由に変更できるようにした。ITILによるITサービス管理の実践、IT全般統制のインシデント管理、変更管理、アクセス管理の「予防的統制」が実現しやすくなる。

 Senju Operation Conductor Ver.3.0は最小構成で52万5000円から。Senju Service Manager Ver.3.0は最小構成で399万円から。