PR

 大手IT企業と障害者支援技術(AT:Assistive Technology)企業が,アクセシビリティ関連製品の開発促進を目指す団体「Accessibility Interoperability Alliance(AIA)」の結成を米国時間12月10日に発表した。デジタル化が進む現在,障害を持つ人々がITやコミュニケーション技術を利用する上でさまざまな困難を体験しているが,こうした障壁を取り除くソフトウエア,ハードウエア,Web製品をより簡単に構築できるようにすることが狙い。

 AIAの設立メンバーには,米Adobe Systems,米BayFirst Solutions,米Microsoft,米Novell,米Hewlett-Packard,英Claro Software,英Dolphin Computer Access,米GW Micro,米HiSoftware,カナダMadentec,英Texthelp Systems,スイスQualiLifeなどが名を連ねている。主要なNGO団体も協力するという。

 AIAでは,既存技術間の相互操作性向上を目的とした特定のプロジェクトについて協力するほか,長いあいだアクセシビリティ関連製品の開発に立ちはだかっていた課題を克服するための新技術あるいはソリューションの開発に取り組む。

 現時点で予定しているプロジェクトとしては,あらゆるWebブラウザで共通の操作が可能なキーボード・ショートカットの開発,AT製品とIT製品の連携を向上するAPI開発,Microsoftが提供するプラットフォーム間共通のアクセシビリティ・モデル「UI Automation」の機能拡張,UI Automationを通じたリッチ・インターネット・アプリケーションの実装などが決定している。

[発表資料へ]