PR
タブレットPC「Latitude XT」
タブレットPC「Latitude XT」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Dellは米国時間12月10日,同社初のタブレットPC「Latitude XT」を発表した。12.1インチ型ディスプレイを回転して閉じられるコンバーチブル型で,重さは4ポンド(約1.8キロ)未満。マルチタッチ機能を備える。

 Latitude XTは,システムに指の圧力がかからなくても入力を感知できる容量式タッチ技術を採用しており,ペンとタッチ入力に対応する。マルチタッチ機能を備えるため,複数の指を使って写真のズームや位置変更といった操作ができる。また,ペン入力中に誤って手のひらが触れても認識しないようにする機能なども備えている。

 Latitude XTはフルサイズ・キーボードを搭載し,米Intelの「Core 2 Solo」または「Core 2 Duo」の超低電圧プロセサを採用。最大64GバイトのSSDまたは120GバイトのHDDに対応する。

 Latitude XTの価格は2499ドルから。2007年内に受注と出荷を開始する。2008年1月には,米環境保護庁(EPA)が推進する国際エネルギー・スター・プログラムの省エネルギー基準「Energy Star 4.0」に準拠するモデルの提供を開始する予定。

発表資料へ