PR

 米Microsoftは12月12日(米国時間),Xbox 360ならびにWindows用のゲームを開発できる無償の統合ゲーム開発環境の新バージョン「XNA Game Studio Express 2.0」をリリースした。新版では,Xbox 360やWindowsのユーザー同士が対戦するゲームが開発できる。

 XNA Game Studio Expressは,「Visual C# 2005 Express Edition」をベースにしたもので,マイクロソフトのWebサイト「XNA Game Studio 2.0」 から無料でダウンロードできる。プログラム言語「C#」を使って,Xbox 360用のゲームと,Windows用のゲームが同一のツールで開発できる。Windows用のゲームは,Windows XP/Vistaに「XNA Frameworkランタイム」をインストールすれば実行できる。Xbox 360上でゲームを実行するためには,年額9800円の「XNAクリエイターズクラブ」に加入する必要がある。

 新バージョンであるXNA Game Studio Express 2.0は,同社のネットワーク・ゲーム対戦基盤である「Xbox Live」と「Games for Windows Live」に対応した。これによって,Xbox 360やWindowsのユーザーによる,クロスプラットフォームのネットワーク・ゲーム対戦機能を搭載するゲームが,簡単に開発できるようになった。プレイヤーの所在地やインターネットの接続状態に基づいて,最適な対戦相手を検索する「マッチメイキング機能」なども利用可能で,ゲーム開発者がネットワーク機能を独自で実装したり,対戦用のサーバーを運用したりする必要がない。

 XNA Game Studio Expressで開発したゲームは,Windows用であれば,無料で配布したり,有償で販売したりして構わない。Xbox 360用のゲームは,ソース・コードの配布しか認められていない。ただしMicrosoftは,ユーザーが開発したゲームを募集して,優秀作をXbox 360用のオンライン・ゲーム販売サービス「Xbox Liveアーケード」で販売するというコンテストを行っている。2007年に開催したコンテストには,4500名以上の応募者があり,4本のゲーム・タイトルが,Xbox Liveアーケードで販売された。同社では2008年も,同種のコンテストを実施する予定。