PR

 米Microsoftは米国時間12月13日,次期サーバーOS「Windows Server 2008」に搭載する仮想化機能「Hyper-V」(開発コード名「Viridian」)のベータ版を公開した。「Windows Server 2008 Enterprise Edition」(x64向け英語版)リリース候補版(RC)1版とともに,Webサイトからダウンロードできる。

 Hyper-Vは,仮想化技術hypervisorベースの仮想化機能。Windows Server 2008にサーバー仮想化技術を直接追加できるため,「Virtual PC」や「Virtual Server」といった仮想化ソフトウエアを使う必要がなくなる。ベータ版は移行支援,高可用性,サーバー管理といった機能を新たに搭載し,2007年9月公開のコミュニティ技術プレビュー(CTP)版よりも強化した。

 最終版の提供開始は,これまで通りWindows Server 2008完成(RTM:製造段階移行)から180日以内の予定。Windows Server 2008は2008年2月27日に発売する(関連記事:Microsoft,「Windows Server 2008」RC1版を公開,グループ・ポリシー管理ツールを強化)。Microsoftは,スタンドアロン仮想化サーバー「Microsoft Hyper-V Server」の販売も計画している(関連記事:Microsoft,「Windows Server 2008」の価格や仮想化サーバー製品「Hyper-V Server」を発表)。

 また,仮想サーバー集中管理ソフトウエア「System Center Virtual Machine Manager」の次版は,「Microsoft Virtual Server 2005 R2」「VMware ESX Server」「Virtual Infrastructure 3(V13)」のほか,Hyper-V上の仮想サーバーの管理が可能となる(関連記事:【WinHEC 2007】Microsoftが仮想化環境の集中管理ツールを年内にリリース)。

[発表資料へ]