PR

 NTT東日本は12月17日、ユーザー拠点の重要データをバックアップする中堅企業向けのサービスを開発したと発表した。災害対策や事業継続計画(BCP)の運用面を強化したい企業に、「Ephelio DR」として12月18日から提供を始める。

 特徴はバックアップ先のデータセンターへの接続回線として、ブロードバンド・サービスの「Bフレッツ」と閉域網である「地域IP網」を利用すること。専用線を使うサービスに比べて安価となる。データはNTT東の地域IP網内で転送するため、一般のインターネットを通過することはない。

 ストレージは、メインの装置を顧客拠点に、サブをNTT東のセンター内に設置する。平時はメインからサブにBフレッツ経由でデータをバックアップし、非常時には逆にサブからメインにデータを復旧する。NTT研究所の技術を活用し、大容量データを転送する際のエラーを減らしているという。

 Ephelio DRは月額利用料が12万6000円からで、初期費用は168万円から。新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東の、NTT東日本のエリア内で利用できる。

■変更履歴
当初、「データを暗号化した上で転送する」としておりましたが、サービスとしては暗号化に対応しておりません。暗号化が必要な場合、ユーザー側のルーターなどで設定することになります。お詫びして訂正します。 [2007/12/20 15:20]