PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が、2008年1月から移動体通信事業を始める。NTTドコモから、同社のFOMAサービスの提供を受け、MVNO(仮想移動体通信事業者)としてサービスを開始することで基本合意した。詳細は今後詰めるというが、IIJはFOMAデータ通信専用端末を提供する。NTTドコモのHSDPA網を利用するケースとしては、IIJが最初のMVNOとなるという。

 IIJによる第1弾のサービスは、法人ユーザー向けの最大3.6Mビット/秒のインターネット接続サービスになる。さらに、企業システムへのアクセス用の認証サービスなども視野に入れる。続いて、モバイル・データ通信端末からネットワーク、データセンターの業務システムの保守運用を包含するITアウトソーシングサービスを提供する予定である。

 IIJによると、ほかの通信事業者とも交渉は進んでおり、サービスの幅を広げるような形で順次契約を結んでいくという。