PR

 デジタル写真に関する業界団体International Imaging Industry Association(I3A)は米国時間12月17日,カメラ付き携帯電話機で撮影する写真の評価仕様策定などを目的とする取り組み「Camera Phone Image Quality(CPIQ)Initiative」の第2段階にあたる活動「Phase 2」を開始すると発表した。この活動には,米Eastman Kodak,米Hewlett-Packard(HP),米Motorola,フィンランドNokia,米Texas Instruments(TI),米Verizon Wirelessなど22社が参加する。

 CPIQ Initiativeの目的は,カメラ付き携帯電話機による写真の品質を高めるため,画質の評価基準や試験方法を定めること。第1段階の「Phase 1」で策定した仕様書「Fundamentals and review of considered test methods」(PDF形式)をベースに,評価基準などの詳細を詰め,消費者向け評価情報を提供するシステムを検討していく。

 さらに,携帯電話機で撮影した写真を共有やプリントするなどして楽しむための環境整備にも協力する。

 活動に参加する22社は以下の通り。米AMD,フランスDxO Labs,Eastman Kodak,アイルランドFotoNation,米Foveon,米Freescale Semiconductor,HP,Image Engineering社,米Micron Technology,Motorola,米Nethra Imaging,Nokia,米OmniVision Technologies,米Palm,米Philips Lumileds Lighting,米Sensata Technologies,スウェーデンのEricssonとソニーの合弁企業Sony Ericsson Mobile Communications,米Sprint,仏伊合弁STMicroelectronics,TI,米Verizon Wireless,米Vista Point Technologies。

[発表資料へ]