PR

 米Universal Music Group(UMG)と衛星ラジオ・サービスの米XM Satellite Radioは米国時間12月17日,録音機能を備えた衛星ラジオ「Pioneer Inno」を巡る問題に関して,両社が和解に達したと発表した。

 Pioneer Innoは,XMのデジタル音楽ダウンロード・サービス「XM Radio + MP3」に向けたもので,楽曲をMP3フォーマットで録音する機能を備えている。両社は,XMの録音機能付き衛星ラジオに関して複数年の契約を結んだ。同契約は,現在提供中の製品に加え,XMが今後提供するすべての製品を対象にする。ただし金額などの詳細については明らかにしていない。

 またUMGは,XM Radio + MP3サービスが著作権を侵害しているとして,2006年5月にほかのレコード会社大手と共に起こした訴訟を取り下げる。米メディア(New York Times)によると,UMGと訴訟を起こしていたのは,米Warner Music Group,英EMI Group,ソニーとドイツBertelsmannの合弁会社Sony BMG。

 ちなみに全米音楽出版社協会(NMPA)も2007年3月に,XMに対して著作権侵害の訴訟を起こしている。(関連記事:全米音楽出版社協会が衛星ラジオ・サービスのXMを著作権侵害で提訴)。

[発表資料へ]