PR
Equalizer E550si
Equalizer E550si
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワールドは,サーバー負荷分散装置「Equalizer SIシリーズ」の最上位モデル「Equalizer E550si」を,2008年1月7日に出荷する。価格は,192万5000円(税別)。2重化により可用性を高める用途向けの2台セット「E550si-HA」は,379万5000円(税別)。開発会社は,米Coyote Point Systems。

 Equalizer E550siは,WebサーバーなどTCP/IPアプリケーション向けのサーバー負荷分散装置。ネットワーク・ポートのすべてをギガビット・イーサネットにするなど高速化を図ったシリーズ最上位モデルである。性能は,公称値でレイヤー7の処理をして1秒あたり10万リクエスト,データ転送速度が830Mビット/秒など。また,1つの仮想IPアドレスでアクセス可能な物理サーバーの台数を,従来の8倍となる512台とした。なお,仮想IPアドレス自体は複数利用できる。

 搭載するネットワーク・ポートは,サーバーに対するアクセスを受け付けるポートが1基,サーバー接続用のポートが20基である。いずれも1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T。負荷分散可能なサーバー・プロトコルは,各種のTCP/UDPプロトコル。画面遷移などによるWebアプリケーションのセッションを維持する機能も当たり前だが備える。