PR

 日本ネットワーク・アプライアンスは,FibreChannel/iSCSI/NASのマルチインタフェース型ストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」に,新モデル2機種を追加,12月19日に出荷した。最大容量1.176ペタ・バイト(1176Tバイト)の「FAS6080」と,最大容量840Tバイトの「FAS6040」である。価格は,容量2Tバイトの最小構成で,FAS6080が3455万4540円(税別)から,FAS6040が2239万4540円(税別)から。開発会社は米Network Appliance。

 FAS6080とFAS6040は,マルチインタフェース型ストレージのハイエンド機種である。コントローラCPUの処理性能の向上やOSのバージョンアップ,ストレージ容量の拡大など,基本機能を向上させた。最大容量は,最上位モデルとなるFAS6080は容量1Tバイトのディスクを最大で1176個搭載可能であるため,合計で1.176ペタ・バイトとなる。