PR

 コンサルティング会社のベリングポイントが北海道札幌市に、新たな開発拠点「北海道ビジネスソリューションセンター(BSC:仮称)」を2008年1月に開設すると発表した。当初は10人程度だが、順次増員。北海道内の技術者を積極的に採用することで、2010年中に200人規模にする計画だ。

 「優秀なエンジニアが豊富な北海道に進出し人材を確保することで、システム構築力を強化する」(ベリングポイント)。同社はオフショア開発も手掛けているが、北海道進出を機にニアショアにも力を入れる。道内のITベンダーとも積極的に提携していく計画。「技術力のある道内のITベンダーとパートナー関係を築くことで、質の高いシステム構築サービスを展開していきたい」(ベリングポイント)という。

 こうした取り組みは、ベリングの競合であるアクセンチュアが先行している。アクセンチュアは2006年11月、ニアショア開発拠点「アクセンチュア・ジャパン・デリバリー・センター北海道」を開設済みである。