PR

 NECとF5ネットワークスジャパンは12月20日,NGNでの採用を視野に入れたサービス基盤向けのソリューションに関して協業すると発表した。NECが持つサービス実行基盤の製品群「WebOTX」とF5の負荷分散装置「BIG-IP Local Traffic Manager」(BIG-IP)の連携を強化して,その設定方法の公開や販売促進などの作業を共同で実施していく。

 NECは2008年1月(予定)に,WebOTXの一製品である「WebOTX Application Server v7.1」に機能強化を施す。具体的には,同製品の一部バージョンに含まれる「Working Domain Coordinator」というツールに,BIG-IPの負荷分散機能の設定を動的に変更する機能を加える。「サーバーのCPU稼働率」「アプリケーションのレスポンス時間」「キューの状況」などに応じて設定を変更する。この設定変更は,BIG-IPが提供するAPI(iControl API)を介して行われる。

 また両社は,WebOTXとBIG-IPを連携させた際の性能検証を実施し,連携動作のための設定方法なども併せて,導入ガイドにまとめた。この導入ガイドは12月20日に,NECのWebサイトで公開した。セミナーや事例紹介を通じた,市場開拓と販売促進も共同で進めていく。NTTのNGNではSIPの高い処理性能が求められるが,両社は「WebOTX SIP Application Server」のSIP処理に関しても,BIG-IPで効果的に負荷分散できることを実証したという。

[発表資料へ]