PR

 マイクロソフトは12月20日,「Microsoft Office」の利用スキルに関する認定資格「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」の日本における累計受験者数が200万人を突破したと発表した。同社では2008年に上位資格として,「予算管理」や「チーム作業管理」といったシナリオ別にスキルを認定する「アプリケーション・プロフェッショナル」という資格制度を追加する予定だ。

 マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト資格は1998年に誕生した。当初の名称は「MOUS(マイクロソフト・オフィス・ユーザー・スペシャリスト)」で,2003年11月に現在の名称になった。1998年の年間受験者数は1万400人に過ぎなかったが,2004年には累計100万人を突破。2005年末には累計147万人,2006年末には累計175万人となり,今回200万人を突破した。

 同資格の全世界の累計受験者数は450万人であり,日本の受験者数が全体の半分近くを占めている。マイクロソフトによれば「日本では,各地にあるパソコン教室を試験会場に活用しており,全国で1680会場を確保している。受験者数が多いのは,試験が受けやすいからであり,日本での成功事例を,全世界に広めているところ」という。

 受験者数に占める女性の割合は70%で,同社の認定資格として極めて異例な状況にある。最近では,近畿大学や東京農業大学などが授業に同資格を取り入れているほか,NTTドコモや楽天,日本ビジネスシステムズなどが,就職内定者に同資格を取得させるなど,教育機関や企業における大規模採用が増えている。

 なお,マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト資格の対象は「Office XP/2003」までで,最新の「Office 2007」を対象とした資格は「マイクロソフト認定アプリケーション・スペシャリスト」という別の名称の資格となる。Office 2007を対象とした資格の受験者数は,今回発表した累計の数に含まれていない。なお,Office 2007対象資格の受験者数の水準は,Office XP/2003資格の受験者数の9分の1に留まっている。

 マイクロソフトでは2008年春に,Windows Vistaに対応した「マイクロソフト認定アプリケーション・スペシャリスト」試験を開始する。このほか2008年には,Microsoft Officeに「SharePoint Server」などのサーバー製品を組み合わせて,「予算管理」や「チーム作業管理」などを行う能力を認定する「マイクロソフト認定アプリケーション・プロフェッショナル」という新資格も追加する予定だ。