PR
ネットエージェントが調査したクリスマス期間のWinny利用者動向
ネットエージェントが調査したクリスマス期間のWinny利用者動向
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットエージェントは12月27日,同社が調査したクリスマス期間のWinny利用者動向を公表した。12月22日から25日までの4日間の平均ノード数は約33万強で,2007年夏と比較してやや減少傾向にあるという。

 同調査は,ネットエージェントが開発したWinny検知システムで実施しているもの。昨年の同時期と比較してもやはり減少傾向を示しているという。

 この結果についてネットエージェントは,「文化庁長官の諮問機関である私的録音録画小委員会による『ダウンロード違法化』への法改正の動きなど,昨今の社会動向に影響された可能性がある」と見ている。「しかしながら依然として稼動しているユニークノード数は35万前後と数多く存在しており,やはり休日には多くのユーザーが興味のある(面白い)ファイルを探す目的でWinnyを起動している」(同)ため,「依然として所謂“漏洩ファイル"の拡散が一気に加速する危険性が非常に高い」(同)としている。

◎関連資料
Winnyノード数の推移