PR
クーポンのサンプル
クーポンのサンプル
[画像のクリックで拡大表示]

 米国では,2009年2月17日の地上アナログ放送終了に向けて,クーポン・プログラムが始動した。このプログラムは,現行のアナログ放送終了後も,テレビを買い換えずにデジタル放送の視聴が可能になるように,デジタル-アナログ変換ボックスの購入を国が補助しようというもの。補助額はボックス1台当たり40米ドルであり,1世帯当たり最大2枚のクーポンを入手できる。

 このプログラムを主導する米NTIA(National Telecommunications and Information Administration)は,相次いで進捗状況に関する発表を行った。米国時間の1月4日の発表として,1月1日に募集の開始を始めたばかりにも関わらず,既に約190万の申し込みがあったことを明らかにした(発表資料1)。申し込み世帯数も100万世帯を超えたという。

 続いて,同1月7日には,クーポン・プログラムの対象となるボックスと,同クーポンを取り扱う小売店のリストを発表した(発表資料2)。19のボックスが対象商品として認定された(ボックスのリストはこちら)。小売店には,名だたるチェーン店が名前を連ねている(小売店のリストはこちら)。

 米国のラスベガスで開催中の世界最大の家電ショーであるCESでは,米国の衛星放送事業者であるEchoStar Holdingが,39.99米ドルのボックスを発表して話題になっている(発表資料3)。クーポンを利用すると,事実上無料となるからだ。このボックスは,「EchoStar」と「Sling Media」の両ブランドで提供される。