PR

 日立製作所は2008年1月8日、東京大学情報基盤センターからスーパーコンピュータを受注したと発表した。2008年6月に稼働する予定になっている。

 今回受注した機種は、日立のサーバー・システム「HA8000-tc/RS425」で構成する。HA8000-tc/RS425の1ノードは2Uサイズ(高さ約89mm)で、2.3GHz動作のクアッドコアを搭載する米AMDのCPU「Opteron」を4個搭載する。OSは米レッドハットのLinux。このノード952個を、高速の多段クロスバ・ネットワークで接続する。この構造は、ノード間転送の多い大規模科学技術計算に向く。システム全体の最大理論性能は、140TFLOPSが得られる。東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門の石川 裕教授によると、この性能はスパコンでは国内最大という。

 東京大学情報基盤センターは、外部の大学や研究機関などの外部機関も利用できる全国共同利用施設である。同センターが導入したスーパーコンピュータは、大規模計算が必要な素粒子、航空宇宙、ナノ・マイクロ科学、電子デバイスや気候の分野などで実績がある。特に気候分野では、大量の大気循環、海洋循環シミュレーションの計算結果と実観測データの対比・検証を繰り返して行う地球規模の気候モデルの開発で成果を上げているという。