PR

 楽天は、同社のショッピングモール「楽天市場」の決済プロセスがクレジットカード業界の情報セキュリティ規格「Payment Card Industry Data Security Standard (PCIDSS)」に準拠したことを発表した。

 今回の認定にあたり、外部認定機関のBSIマネジメントシステム ジャパンの監査を受けた。実際には、ビザ・インターナショナルの診断プログラム「アカウント情報セキュリティ(AIS)」に基づく手順を満たしたことで、PCIDSS準拠と認定された。監査内容は、AISの中で最も厳しい大型加盟店を対象とした「レベル1」加盟店向けのもの。楽天によると、EC(電子商取引)業界で初めてのPCIDSS準拠という。

 PCIDSSは、クレジットカードの国際ブランド5社(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Discover)が共同策定した情報セキュリティ基準である。ネットワークの構築やカード会員情報の保護、アクセス制御手法など、カード情報や取引情報を保護するための12要件が規定されている。