PR
写真1●基調講演を行う,米AppleのCEOであるSteve Jobs氏
写真1●基調講演を行う,米AppleのCEOであるSteve Jobs氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Apple TV単体でFlickrのオンライン写真が閲覧可能になるという
写真2●Apple TV単体でFlickrのオンライン写真が閲覧可能になるという
[画像のクリックで拡大表示]

 「TiVo,Microsoft,Apple,薄型テレビ向けの製品やサービスに関しては,誰も成功していない。しかし,Apple TVは違う。Apple TVのtake 2(第二幕)が始まる」--米AppleのCEOであるSteve Jobs氏は1月15日(米国時間)に行われた「Macworld Expo」の基調講演でこう宣言し(写真1),Apple TVのソフトウエア・アップデートを公開した。

 同社は,Apple TVのソフトウエアを今回,無償でアップデートした。機能強化点は,大きく2つある。1つは,基調講演の第一報で紹介した,HD(高精細)対応レンタル映画配信サービス「iTunes Movie Rentals」に対応したこと。もう1つは,Apple TVを使用するのにパソコンが不要になったことである。

 「iTunes Movie Rentals」の詳細は,前述の記事を参照していただきたい。同サービスでは,次世代DVDの画質に匹敵する動画も配信されるため,Apple TVも今回,HD動画対応,5.1ch音声再生対応にアップデートした。また本体(40GバイトHDD搭載)の価格も,従来の299ドルが229ドルに改定された。

パソコン無しでApple TVが利用可能に

 もう1つの大きな変更点が,パソコン無しでApple TVが使用できるようになったことである。従来のApple TVは基本的に,パソコン上のiTunesが管理するメディア・ライブラリ(音楽や動画,写真など)をネットワーク経由で再生するという,シンクライアントのような存在であった。しかし今回のソフトウエア・アップデートによって,Apple TVは独立で運用が可能な「総合ネットワーク・プレイヤ」に進化する。

 まずApple TVだけでも,同社のコンテンツ・ダウンロード・サイト「iTunes Store」のコンテンツが入手できるようになる。もちろん,従来からiTunes Storeで購入できた音楽や音楽ビデオ,テレビ番組だけでなく,iTunes Movie Rentalsの映画も入手可能だ。また,iTunes Movie Rentalsの映画は「ファイルをダウンロードしながらの再生」が可能であるため,iTunes Storeのアイコンをクリックするだけで,Apple TVが接続されるテレビで映画を再生できるという。

 ほかにもApple TVは,写真共有サービスの「Flickr」や「.Mac」,ポッド・キャストといった様々なオンライン・コンテンツ・サービスに対応する(写真2)。従来から対応していた「YouTube」の動画再生も,パソコン無しで可能になる。残念ながら基調講演ではFlickr機能のデモは失敗したが,最近では,HD動画を配信する「HDポッド・キャスト」も存在するそうで,Jobs氏はApple TVだけでネット上のHD動画を再生して見せていた。