PR

 ターボリナックスは1月16日、仏のLinuxディストリビュータ、Madrivaと共同開発のためのプロジェクトを立ち上げたと発表した。これにより、同社のLinuxディストリビューション製品の開発コストを抑える狙いだ。

 共同開発プロジェクトは「Manbo-Labs(マンボラボ)」と名付ける。Linuxカーネルやライブラリのglibc、コンパイラのgccなどを共同で開発する。当面、両社の技術者9人で開発に当たり、オープンソース・プロジェクトとして公開する。

 共同開発した中核モジュールを、ターボリナックスは今年第2四半期に出荷予定の新たなTurbolinuxデスクトップ版から採用する。新版では、3次元のデスクトップなど新たな操作環境を実装する計画である。

 同社がMandrivaをパートナーに選んだのは、「Mandrivaはヨーロッパやブラジル、北米を市場としているため、自社の市場と重ならないこと」。ターボリナックスの矢野広一代表取締役社長はこう述べる。04年に一度、Mandrivaを含む4社で共同開発の話が持ち上がったが、その際は立ち消えになったという経緯がある。