PR

 インフォテリアは1月17日、EAI(エンタープライズ・アプリケーション・
インテグレーション)ソフト「ASTERIA」のSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)版として、「ASTERIA On Demand」の提供を始めると発表した。低価格版である「ASTERIA WARP Lite」の全機能をオンデマンドで提供する。初期費用は不要で、月額は3万円からである。

 ASTERIAでは、データ処理の一連の流れを「パイプライン」と呼び、データの収集や変換、送信の手順を設定する。今回のASTERIA On Demandは、パイプラインの設定などをWebブラウザ経由で実行するだけで利用を始められる。

 SaaS大手のセールスフォース・ドットコムのCRMサービス「Salesforce」との連携機能も用意した。社内システムとSalesforceとのデータ連携を容易に実現できるようになる。

 月額料金は同時に実行できるパイプラインの数によって変わる。最大同時実行数が3、10、20個の場合の月額料金はそれぞれ3万、6万、10万円である。パイプラインを無制限に実行する場合は25万円。いずれも初期費用はかからない。