PR

 インフォテリアは1月17日、企業が持つデータの相互変換などを行うEAI(エンタープライズ・アプリケーション・インテグレーション)ソフト「ASTERIA」のSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)版の提供を始めた。セールスフォース・ドットコムのCRMサービス「Salesforce」との連携機能を備え、Salesforceユーザー向けの導入でソフトバンクBBと協業する。
 
 SaaS版の「ASTERIA On Demand」では、低価格のパッケージ版である「ASTERIA WARP Lite」の全機能をオンデマンドで提供する。利用料はデータ処理量によって異なり、月額3万円から25万円。初期費用は不要となっている。

 Salesforceとの連携機能があるため、社内システムとSalesforceとの間でデータを連携させるシステムを構築しやすいのが特徴。インフォテリアはセールスフォース・ドットコムの販売代理店であるソフトバンクBBと協業することで、Salesforceユーザーへの導入を進めていく考えだ。