PR

 日本アバイアは、2008年1月22日、IPテレフォニー・ソフトウエアの最新版「Avaya Communication Manager5.0」を発表した。同日から提供を始める。

 同ソフトウエアを使うことで、同社のIP電話機「Avaya one-X 9600シリーズ」で通話相手のプレゼンス情報を表示できるようになる。さらに、マイクロソフトのExchange Serverとの連携で、カレンダーや連絡先もディスプレイ上に表示できる。

 今回、呼制御サーバー「Avaya S8300C Server」が、SES(SIP Enablement Services 5.0)に対応したことで、1台のサーバーでユニファイド・コミュニケーション環境を構築できる。従来は、Avaya Communication Managerを用意する必要があった。

 さらに、マイクロソフトの「Microsoft Office Communications Server 2007」「Microsoft Office Communicator」に対応する。

 もう1つの特徴は、モビリティ機能の充実である。複数の拠点にAvaya Communication Managerが設置されている企業でも、ユーザーが自分の内線番号とパスワードの入力によって、登録外のシステムに自分の内線電話機を接続すれば利用できるになる。携帯電話機だけでなくIP電話機も内線電話機としても活用できるようにしている。

 このほかのモビリティ機能としては、スマートフォン向けモバイル・アプリケーション「Avaya one-X Mobile」に自動ハンドオーバー・モードを搭載した。

 加えて、最新版のソフトウエアは、最上位の呼制御サーバー「AvayaS8730 Server」をサポートする。「AvayaS8730 Server」は、ハードディスクのミラーリング化、電源の二重化構成するなど、高信頼性を重視したサーバーである。