PR

 米Appleは米国時間2008年1月22日に,2008会計年度第1四半期(2007年10~12月期)の決算を発表した。売上高は96億ドルで,前年同期の71億ドルと比べ35%増加。純利益は15億8000万ドル(希薄化後の1株当たり利益は1.76ドル)で,前年同期の10億ドル(同1.14ドル)から57%急増した。

 粗利率は34.7%で,前年同期の31.2%から拡大した。海外における売上高は総売上高の45%を占めた。

 「Macintosh」の出荷台数は前年同期比44%増の231万9000台で,売上高にして同47%成長した。「iPod」の販売台数は,前年同期比5%増の2212万1000台,売上高は同17%増加した。また「iPhone」の販売台数は231万5000台となった。なお当期より,iPhoneの数値には英国,フランス,ドイツにおける販売台数も含まれる。

 同社CEOのSteve Jobs氏は,「売上高と純利益が過去最高を記録するなど,たいへん喜ばしい業績を達成できた。また2008年も『MacBook Air』や『Mac Pro』,そして映画レンタル・サービスの『iTunes Movie Rentals』など,強力な製品やサービスでスタートを切っている」と述べた。

 しかし2008会計年度第2四半期(2008年1~3月期)の業績については,「売上高が約68億ドル,希薄化後の1株当たり利益が0.94ドル」(同社CFOのPeter Oppenheimer氏)と控えめな予測をたてている。

[発表資料]
[財務諸表(PDFファイル)]
[業績概要(PDFファイル)]