PR

 システムの変更管理ソフト・ベンダーのトリップワイヤ・ジャパンは2008年1月23日、内部統制への対応を強化した新版「Tripwire Enterprise 7 日本語版」を2月1日に出荷すると発表した。サーバーやネットワーク機器の設定ポリシーを一元的に定義し、監視対象の機器がポリシーに合致しているかどうかを調べてレポートする機能などを付加し、ITに関する内部統制(IT統制)への支援機能を強化した。

 Tripwireは、ファイルのハッシュ値などを定期的に調べ、変更の有無を監視するツール。OSやネットワーク機器から設定ファイルを取り出してデータベースに記録し、設定コマンド単位で変更の有無をチェックすることもできる。内部統制関連では、システムに加えられた変更を記録し、変更理由が正当なものだったかどうかを担当者が確認し、結果をレポートとしてまとめる機能などを備える。業務担当者がそのレポートをチェックすることで、内部統制が実現されていることを確認できる。

 新版ではさらに、「FTPサーバーやTelnetサーバーはオフにする」といった設定ポリシーを定義し、それが各サーバー・マシンなどで実現されていることを確認・レポートする機能を付加した。ポリシーに違反した場合に、どう対処するかを指定することもできる。自動的に正しい設定に修正したり、IT担当者に通知したりできる。

 価格は、各種サーバーなどを監視するソフトである「Tripwire Enterprise/Server」が194万2500円、ファイル・サーバー用のエージェント・ソフト「Tripwire Enterprise/FS」が20万7900円など。データベースやディレクトリ・サーバーなども監視できる。