PR
左から,NTTドコモ 執行役員 プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部長 夏野剛氏,NTTドコモ 取締役常務執行役員プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏,Google Senior Vice President Omid Kordestani氏,Google Vice President兼グーグル日本法人 代表取締役社長 村上憲郎氏
左から,NTTドコモ 執行役員 プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部長 夏野剛氏,NTTドコモ 取締役常務執行役員プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏,Google Senior Vice President Omid Kordestani氏,Google Vice President兼グーグル日本法人 代表取締役社長 村上憲郎氏
[画像のクリックで拡大表示]
携帯における検索連動型広告のイメージ
携帯における検索連動型広告のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
NTTドコモとGoogleの今後の展開
NTTドコモとGoogleの今後の展開
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモとGoogleは2008年1月24日,モバイル・インターネット分野での提携を発表した。2008年春にGoogleの検索や広告を,ドコモのiモードの検索サービスで提供する。ドコモはさらに,Gmail,YouTube,picasaなどGoogleの他のサービスや,Googleが開発した携帯電話プラットフォームAndroidの採用についても具体的に検討する。

 両社の提携内容は5点ある。ひとつ目は検索サービス。ドコモは2008年春をめどに,iモードの検索サービスで,iモード・メニューサイト検索結果に加えて,Googleの携帯電話向け一般サイト,PCサイトの検索結果を表示させるようにする。

 2点目は検索連動型広告。2008年春をめどに,Google Adwordsによる検索連動型広告の提供を開始する。

 3点目は各種サービス。Gmail,YouTube,picasaなど「他社と違い,Googleのあらゆるサービスを対象に提携する」(NTTドコモ 執行役員 プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部長 夏野剛氏)。「すでに記者会見の1時間前に,ドコモの2機種を対象にYouTubeによる動画配信を開始した」(Google Senior Vice President Omid Kordestani氏)。

 4点目は,iモードにおける新たなサービスの提供。電通とドコモの合弁会社と連携し,新たなサービスの提供を検討する。

 5点目はGoogleが開発した携帯電話プラットフォームAndroidの採用について,両社で「具体的に検討していく」(NTTドコモ 夏野氏)としている。「ユーザーから見ればAndroidの採用によって何かが変わるわけではない。しかし,Androidは貧弱なハードで軽快に動いている。こういったプラットフォームを取り込むことはよい刺激になる」(同)。

 ドコモは提携による収益として,「早いうちに広告収入100億円を目指す」(NTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏)としている。