PR

 マイクロソフトは1月25日、PCサーバー向け次期OS「Windows Server 2008」に搭載する仮想化機能「Hyper-V」の本リリース時期が、2008年度下期(2008年9月)以降になることを明らかにした。当初はベータ版を製品に搭載し、本リリース後はWindows Updateで正式版を取得できるようにする。

 仮想化ソフトの分野ではヴイエムウェアが先行しているが、中堅・中小ユーザー企業や部門サーバー向けの仮想化ソリューションで、Windows Server 2008が強みを発揮すると思われる。ただしソリューションプロバイダがWindows Server 2008を活用した仮想化ソリューションに取り組めるのは、今秋以降である。

 米マイクロソフトは23日に仮想化技術の分野で、米シトリックス・システムズと提携することを発表済み。シトリックスはOSS(オープン・ソース・ソフトウエア)をベースにした仮想ソフト「Xen Server」を2007年夏に買収しており、今回の提携では、Xen ServerとHyper-Vでの相互運用性を確保するための技術協力を行う。Xen Server上で動作している仮想サーバーをWindows Server 2008に移行する機能などを備えたツールを開発。Hyper-Vのリリースと同時に提供する。