PR

 マイクロソフトは2008年1月25日、Office 2003向けのService Pack 3(SP3)の自動更新での配布を延期すると発表した。本来は2008年1月30日に開始する予定だったが、SP3を適用すると開けなくなるファイルがあるという問題に配慮し、延期を決めた。自動更新の開始時期は未定だが「何ヶ月も延期することはない」(同社広報部)という。

 Office 2003 SP3を適用すると、Word 6.0 for Windowsよりも古い形式のWordファイルや、PowerPoint 97よりも古い形式のPowerPointファイルなどを開こうとしてもブロックされるようになるという問題が生じる。この問題が知られるようになって以降、ユーザーからの問い合わせが増えたという。現在は、個別に修正プログラムを適用することで各ファイルは開けるようになっているが、自動更新は延期することを決めた。今回の延期措置は、日本だけでなく全世界的に実施するという。

 なおOffice 2003 SP3の提供は、2007年9月19日に始まっている。ユーザーが自分でダウンロードし、インストールすることは可能だ。