PR
写真1●米Squidcast創業者のDaniel Putterman氏
写真1●米Squidcast創業者のDaniel Putterman氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Squidcastのユーザー・インターフェース
写真2●Squidcastのユーザー・インターフェース
[画像のクリックで拡大表示]

 米国のベンチャー企業であるSquidcastが1月28日(米国時間),HD(高精細)動画などをユーザー間で無料で転送できる新しいサービス「Squidcast」を発表した。同社の創業者であるDaniel Putterman氏(写真1)は「SquidcastはP2Pネットワークを使用しているため,プライバシーを保護しながら,1Gバイトを超えるような大容量ファイルを高速に転送できる」と語る。

 Squidcastは,P2P(ピア・ツー・ピア)ネットワークを利用して,1対1でデータを転送するサービスである。データの送信側が受信ユーザーを指定し,そのユーザーでなければデータを受信できない。いわゆる「ファイル共有サービス」ではない。用途としては「家族同士でホーム・ビデオをやり取りすることを想定している」(創業者のPutterman氏)。

 Puttermann氏は,「最近ではHD(高精細)動画に対応したビデオ・カメラも増えており,メールへのファイル添付などでは,ホーム・ビデオのような大容量ファイルを送受信できなくなっている。またオンライン・ストレージ・サービスなどを使うにしても有料であり,ホーム・ユーザーはなかなか手が出しづらい。Squidcastはそういうホーム・ユーザーに対して,大容量ファイルを無料で送受信できる手段を提供する」と語る。

1対1のファイル転送に特化したP2Pネットワーク

 Squidcastを使ってデータを転送する場合,ユーザーが送信するデータは暗号化した上で,100~1000のブロックに分割されて,P2Pネットワークに参加する各ノードに分散配置される。データを受信するユーザーは,Squidcastのサーバーが保持するデータのロケーション情報に従って,分散配置されたデータを各ノードからダウンロードし,データを組み合わせて元のデータ・ファイルを作り出す。

 分散配置されるデータには,データの整合性を保つためのエラー訂正データが付加されている。よって,分散した全ブロックをダウンロードしなくても,「およそ65%のブロックが回収できれば,問題なくデータを再生できる」(Putterman氏)という。

コストはホスト型の500分の1

 送信するデータをP2Pネットワークに分散配置するメリットは,2つある。1つはノード当たりのデータ転送量を抑えられることだ。Putterman氏は「大容量ファイルをやり取りするために,オンライン・ストレージ・サービスを提供しているベンダーは多い。しかし,オンライン・ストレージ・サービスでは,ベンダーのWebサーバーにトラフィックが集中するため,ネットワークやサーバーへの投資が膨大になり,有料でなければサービスは提供できなくなる」と強調する。それに対してP2Pネットワークを使うSquidcastでは,負荷が各ノードに分散するので,「コストはホスト型の500分の1に抑えられており,サービスを無償で提供できた」(Putterman氏)と語る。

 データをP2Pネットワークに分散配置するもう1つのメリットは,データを各ノードにパラレルに転送できるので,データ転送が高速になることだ。Putterman氏は「Squidcastは言うなれば,インターネットをSAN(Storage Area Network)ストレージに変えてしまう技術だ。SANストレージが高速なのも,大量のディスクを搭載して,ディスクに対してパラレルにデータを書き込むからだ。Squidcastも大量のノードにパラレルにデータを転送するので,1台のホストに対してデータを転送するのよりも高速になる」と説明する。

 Squidcastを利用するためには,データを送受信するユーザー同士がSquidcastのクライアント・ソフトをインストールする必要がある。データの送信側は,送信データの分散配置が終了すれば,自身のパソコンをシャットダウンしても構わない。データはP2Pの各ノードに分散されるが「暗号化してあるので,断片だけでは他のユーザーは内容を読み取れない」(Putterman氏)と語る。

 データの受信側は,ファイルが動画である場合,「動画ファイルのダウンロード」か「動画ファイルのストリーミング」を選択できる(写真2)。動画ファイルのストリーミングを選んだ場合,データを再生する前に広告ビデオが流れる。Squidcastは,この広告ビデオ配信から,収入を得る仕組みだ。

 Putterman氏によれば「われわれは,サービスを開始するに当たって,ブロードバンド環境が整備されている日本をとても重視している。日本語でのサービスも,なるべく速やかに開始する予定」だという。Squidcastのサービスは,WindowsとMac OS,Linuxに対応している。