PR
写真●Windows Mobile対応版「SafeBoot Device Encryption for Windows Mobile」
写真●Windows Mobile対応版「SafeBoot Device Encryption for Windows Mobile」
[画像のクリックで拡大表示]

 マクニカネットワークスは2008年1月30日に東京ビッグサイトで開幕した「ITpro EXPO 2008」,ハードディスク暗号化ソフト「SafeBoot」のWindows Mobile対応版「SafeBoot Device Encryption for Windows Mobile」を展示した(写真)。2007年9月に販売を開始した製品である。現状ではWindows Mobile 5.0に対応するが,早ければ今春にもWindows Mobile 6に対応するという。

 Safebootは,パソコンのハードティスクを暗号化するソフトウエア。Windows Mobile対応版では,メモリー内の特定のファイルまたはフォルダを暗号化するほか,外部メモリーを丸ごと暗号化する。これにより携帯電話を紛失した場合の情報漏洩のリスクを低減する。

 PC版のSafeBootと同じツールで管理できるのが特徴だ。復号化のパスワードを忘れた場合に,パスワードをリセットする仕組みも,PC版と同じ。Windows Mobile上のSafeBootが表示する解除コードをシステム管理者に伝え,システム管理者が管理ツールを使って生成したリセット用コードをSafeBootに登録すると,リセットできる。

 そのほかに,Windowsにログオンする前は特定の相手にしか電話できないようにするといった機能も備える。