PR
「新s あらたにす」は各新聞社の記事を横並びで見られる
「新s あらたにす」は各新聞社の記事を横並びで見られる
[画像のクリックで拡大表示]

 朝日新聞社、日本経済新聞社、読売新聞グループ本社が共同で運営する日経・朝日・読売インターネット事業組合は、2008年1月31日、ニュースサイトの「新s あらたにす」を開設した。

 あらたにすでは、3誌のその日の新聞記事から1面、社会面、社説を中心に掲載。1週間分のバックナンバーも用意し、閲覧できるようにする。ただし、各記事は従来から各メディアが運営しているWebサイトへのリンクとなっている。例えば、朝日新聞のコンテンツは「asahi.com」で閲覧することになる。「あらたにす用の取材チームなどはなく、あくまで各サイトへの誘導という位置づけ」(日本経済新聞社)。

 ジャーナリストや学者、財界人などが執筆するあらたにす独自のコンテンツも用意。「新聞案内人」として作家の吉永みち子氏やスポーツジャーナリストの増田明美氏などが登場する予定だ。原則として朝刊記事は毎朝7時、夕刊記事は16時に更新。ただし速報性のあるニュースなどは「常に各サイトをクロールして最新ニュースとして掲載する」(日本経済新聞社)。会員登録などは必要なく、無料で閲覧可能。

 2008年春をめどに、検索機能の提供やガジェットの用意など、サービスを拡充する予定。月間400万PVを目指す。

  • 新s あらたにす