PR
「NetscapeユーザのためのFirefox/Thunderbird移行ガイド」のトップページ
「NetscapeユーザのためのFirefox/Thunderbird移行ガイド」のトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

 Mozilla Japanは2008年2月1日、Webブラウザー「Netscape」の開発とサポートが3月1日に全面的に終了することを受けて、実質的な後継製品である「Firefox」への移行を推奨するとともに、移行方法などをまとめたWebサイトを開設した。

 Netscapeブランドのブラウザーを提供している米AOLは2007年12月29日、Netscapeの開発とサポートを2008年2月1日に終了することを発表。その後、3月1日までサポートを延長することを明らかにした。3月1日以降は、Netscapeは一切アップデートされなくなる。

 Mozilla Japanでは、「アップデートされない製品を使い続けた場合、コンピューターを危険にさらすことになる」と警告。特に日本語版に関しては、2003年6月に公開されたNetscape 7.1以降、100件以上の脆弱(ぜいじゃく)性が確認されているものの、修正版は提供されていないので、非常に危険な状態であると注意を呼びかけている。

 このため、できるだけ早急にFirefoxに移行することを勧めている。同時にNetscapeのメール機能(Netscape Messenger)のユーザーに対しては、メールソフト「Thunderbird」への移行を推奨している。

 Mozilla Japanでは、NetscapeからFirefoxあるいはThunderbirdへの移行を支援する特設サイト「NetscapeユーザのためのFirefox/Thunderbird移行ガイド」をオープン。同サイトでは、Netscapeのバージョンごとに、データの移行方法などを具体的に紹介している。

 加えてMozilla Japanでは、Webサイトの開発者/管理者に対して、「推奨ブラウザー」の表記を確認するよう勧めている。Webサイトによっては、そのサイトのコンテンツがきちんと表示されることを確認しているブラウザーを「推奨ブラウザー」として記載している。そういったサイトの中には、Netscape Navigator 4やNetscape 6.x/7.xを「推奨ブラウザー」として記載しているところが少なくないという。

 サポートが終了する古いブラウザーを推奨し続けることは、ユーザーを危険にさらすことになるので、この機会に見直すようMozilla Japanでは呼びかけている。