PR
写真●「FON_livedoor」アクセス・ポイントのログイン画面
写真●「FON_livedoor」アクセス・ポイントのログイン画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ライブドアとフォン・ジャパンは2008年2月4日,業務提携し,ライブドアの公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」をFONユーザーが使えるようにすると発表した。同日から順次,livedoor WirelessのAP(アクセス・ポイント)に「FON_livedoor」というSSIDを持たせ,これをFONのユーザーが使えるようにする。

 livedoor WirelessのAPは,東京23区の屋外を中心に約2200カ所ある。2月4日の時点ではこのうち100カ所がFONに対応,同11日までに2200カ所すべてがFONに対応する。また,FONスポット(FON_livedoorを含む)に接続すれば,ログインすることなくライブドアのポータルの全コンテンツを閲覧できるようにする。

 ローミングは現在のところ,「FONユーザーがlivedoor WirelessのAPを使える」という一方向のみ。逆方向のローミングについては,今後両社で検討していく。また現在,FONユーザーがFON_livedoorを使う際には,Web画面にIDとパスワードを入力して使うが(写真),フォン・ジャパンによると将来は登録済みのMACアドレスを使った機器認証できるようにして,FONのAPでもそれを可能にすることを検討するという。

 なお,2月4日から4月4日まで,FONのAPとFON_livedoorのAPすべてを,FONに会員登録すれば無料で使えるキャンペーンを実施する。このキャンペーンは,La Fonera(FON対応のルーター)を自宅に設置する必要はなくユーザー登録のみで利用可能。

[発表資料へ]