PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2008年2月4日、x86系サーバー上にあるOSやアプリケーションを、ヴイエムウェア製の仮想化ソフト「VMware Infrastructure」上に移行するサービスを開始した。「VMware Converter P2V移行サービス」の名称で展開する。作業内容は、移行計画の策定、移行ツール「VMware Converter」の設定・操作、移行先の仮想化環境の構築、移行先サーバーの設定、動作確認など。料金は252万円から。

 移行元のサーバーのOSが条件に合えば、他社製サーバー上にあるアプリケーションも対象とする。ただし、移行先のサーバーは日本HPの「ProLiant」か「BladeSystem」に限る。

 対象となる移行元は、OSがWindows NT Server 4.0 SP6以降でInternet Explorer5以降を搭載したもの、Windows 2000 Server、Windows Server 2003(32ビット及び64ビット版)、Windows XP Professional(32ビット及び64ビット版)のいずれかを搭載したサーバー。