PR

 米International Data Group(IDG)は米国時間2008年2月4日に,ネット経済の業界誌「The Industry Standard」のベータ版公開を発表した。The Industry Standardは1998年に創刊された,ドットコム・バブル期を象徴する雑誌の1つだった。復活したThe Industry Standardは,紙媒体の発刊は行わず,オンラインのみの運用となる。

 業界のさまざまな著名人の寄稿によるオリジナル・コンテンツに加え,コミュニティ・ベースの予測市場やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)機能などを提供する。

 コミュニティ・ベースの予測市場機能では,「ハイテク・ベンチャ基金は2008年第2四半期に15%減少する」「米AppleのiPhoneは年内に1000万台出荷する」といった設問が掲げられ,これに対して登録ユーザーが仮想マネーを賭ける。ユーザーがどちらに賭けたかに基づいて,予測値を表示する。

 米メディア(CNET News.com)によると,The Industry Standardは創刊後,急速に規模を拡大し,3000万ドル以上の資金調達を行ったが,インターネット新興企業の広告費が枯渇し始めると,レイオフを繰り返したのち,2001年8月に廃刊となった。

[発表資料へ]