PR

 マイクロソフトは2008年2月5日,「Windows Server 2008日本語版」が完成したと発表した。開発者向けサービス「MSDN」とITプロフェッショナル向けサービス「TechNet」の会員は,同日からWindows Server 2008をダウンロードできる。ボリューム・ライセンス版の販売は3月1日からで,パッケージ版やOEM版搭載サーバー・ハードウエアの販売はそれより後になる。

 Windows Server 2008は,サーバーOSの新バージョンである。クライアント・パソコンのネットワーク検疫が可能な「ネットワークアクセス保護(NAP)」や,GUIを搭載しない「Server Core」,新しいスクリプト環境の「PowerShell」,Active Directoryの新機能「リード・オンリー・ドメイン・コントローラ」といった新機能を搭載する。ハイパーバイザー・ベースの仮想化機能「Hyper-V」は,製品版が完成した2月5日から180日以内(およそ7月末まで)にリリースされる予定で,当初はベータ版が搭載される。

 米Microsoftは2月27日(米国時間)に,マイクロソフト日本法人は4月15日に,Windows Server 2008とVisual Studio 2008,SQL Server 2008の発売イベントを開催する予定で(ただしSQL Server 2008の発売は2008年後半の予定),Windows Server 2008搭載サーバー・ハードウエアなどの販売は,これらのイベントに合わせて開始される模様。日本の発売イベントは,開発者/ITプロフェッショナル向けの技術セミナー「the Microsoft Conference 2008」として開催され,2月5日からWebでの参加登録が始まった。