PR
2つのUSB 2.0ポートと補助電源供給コネクターを装備する。
2つのUSB 2.0ポートと補助電源供給コネクターを装備する。
[画像のクリックで拡大表示]
「ツライチUSB2.0」をノートパソコンに装着したところ。USBポートが出っ張らない。
「ツライチUSB2.0」をノートパソコンに装着したところ。USBポートが出っ張らない。
[画像のクリックで拡大表示]
ツライチUSB2.0にUSBケーブルを接続したところ。ノートパソコンが装備しているUSBポートと同じように使える。
ツライチUSB2.0にUSBケーブルを接続したところ。ノートパソコンが装備しているUSBポートと同じように使える。
[画像のクリックで拡大表示]

 エアリアは2008年2月20日、CardBus対応のUSB 2.0インターフェースPCカード「ツライチUSB2.0(SD-CBU2-Z1)」を発売する。予想実勢価格は約2000円。

 スリムな形状が特徴で、ノートパソコンに装着しても、USBコネクター部が出っ張らない。そのため、カードを挿したままノートパソコンを持ち運んでも邪魔になりにくい。NEC製チップ「μPD720101」を搭載し、AタイプのUSBポートを2つ装備。USB 2.0もしくはUSB 1.1対応機器を接続できる。

 バスパワーの供給電流は2ポート合計で300ミリ~350ミリアンペア前後。付属の「USB補助電源ケーブル」を使用すれば、2ポート合計で最大500ミリアンペア出力できる。対応OSはWindows 2000/XP/Vista。サポートの対象外となるが、Windows 98/98 SE/Me用のドライバーも付属する。