PR

 日本通信は2008年2月6日、同社が提供する「ConnectMail(コネクトメール)」を、米グーグルが提供する電子メール・サービス「Gmail」に対応させた。コネクトメールは、パソコンで普段利用している電子メールをNTTドコモの携帯電話機で送受信できるサービス。iモードメールの使い勝手と同様、プッシュ配信されるのが最大の特徴である。さらに、携帯電話からのメール送信時にも、通信相手には携帯電話のメール・アドレスではなく「ユーザー名@gmail.com」が通知される。年間利用料は4800円。

 同社は、コネクトメールの第1弾として、米アップルが提供する「.Mac(ドットマック)」メール対応版を始めていた。今回のサービスは、それに続くものとなる。