PR

 ソニーは2008年2月12日,同社の動画共有サービス「eyeVio」にユーザーがアップロードした動画内で扱われる楽曲の著作権管理と運用に関して,日本音楽著作権協会(JASRAC)と契約を締結したと発表した。動画投稿サービスのユーザーは,JASRACが管理する楽曲の2次利用が可能になり,ユーザー自身が歌唱・演奏した音楽を含む映像を投稿して共有できるようになる。ただし,CDなど市販の音源を使った映像は投稿できない(発表資料)。

 楽曲の2次利用で発生する著作権使用料は,すべてソニーが負担する。ユーザーは動画をアップロードする際に,楽曲名やアーティスト名を追加で入力する必要があるが,サービス自体はこれまで同様に無料で利用できる。サービス開始は,2008年3月を予定している。ソニーは今回の対応について,「ユーザーへの安心かつ楽しいサービスの拡充の一環として実施した」としている。