PR
File Upload 1.0Jを用いたサンプル
File Upload 1.0Jを用いたサンプル
[画像のクリックで拡大表示]

 グレープシティは,ASP.NETを使ったWebアプリケーション開発向けのソフトウエア部品として,ユーザーのパソコンからWebサーバー側にファイルをアップロードするためのコンポーネント「File Upload 1.0J」を,2008年3月24日に出荷する。ダウンロード販売価格は,6万7200円。開発会社は,米Dart Communications。

 File Upload 1.0Jは,クライアントPCからWebアプリケーション・サーバーに対して文書などのファイルをアップロードするための操作画面をWebアプリケーションに実装するためのソフトウエア部品である。特徴は,Webアプリケーションでありながら,AjaxやFlashなどのリッチ・クライアント技術を用いることによって,専用アプリケーションを操作しているかのような操作性を実現した点。ファイルのアップロード状況の進ちょくをリアルタイムにグラフで見られるほか,複数のファイルも一度の指定でアップロード可能である。

 File Upload 1.0Jは,米MicrosoftのWebサーバー環境で実現したアプリケーションに組み込むコンポーネント。Windows,IIS(Internet Information Services),.NET Frameworkといった環境で利用できる。アプリケーションはASP.NETで開発する。ASP.NETの中でFile Upload 1.0Jを呼び出すだけで,ノン・コーディングで利用できる。クライアントPC側のユーザー・インタフェースは,Webブラウザに組み込んだFlashプレーヤ上で動作する。