PR
早稲田大学での「Yahoo!メール Academic Edition」利用イメージ
早稲田大学での「Yahoo!メール Academic Edition」利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは2008年2月13日、同社の教育機関向けメールサービス「Yahoo!メール Academic Edition」が早稲田大学で導入されることが決まったと発表した。2008年夏頃を予定しており、同サービスを導入する最初の教育機関となる。

 Yahoo!メール Academic Editionでは、「***@yy.大学名など.jp」という学校独自のドメインで、在学生やOB/OG、教職員にメールアドレスを無料で付与する。同時に「***@yahoo.co.jp」のアドレスも付与し、どちらも利用できるようにする。メールボックスの容量は1GBになる。

 早稲田大学では在学生と教職員合わせて7万人にメールアドレスを配布する予定。今後、すでに卒業しているOB/OGに対しても住所が判明している卒業生50万人にも配布する予定だ。また、在学生はそのアドレスを卒業後も使い続けられる。

 大学側は特にサーバーやシステムを用意する必要はなく、原則無料。現在利用しているメールシステムに生徒の入学や休学などを管理するツールを組み込むだけで利用ができる。なお、学生が在学中の場合と教職員向けには広告を表示しないが、OB/OGが利用する場合は広告を表示する。

 ヤフーのソーシャルネット事業部企画部リーダー堀下剛司氏は「高校では携帯電話の利用が主かもしれないが、大学に入りパソコンを使う機会は増える。そのときのファーストメールにしてもらい、かつ生涯メールになれば理想」としている。

 こうした教育機関向けのメールサービスは、グーグルやマイクロソフトも手掛けている。早稲田大学はヤフーのサービスを選んだ理由について、「3社を比較検討したが、秘密保持契約とサービス品質保証契約が結べることが大きかった。また、それ以外のサービスの提案もしてもらったことも魅力を感じた」としている。