PR
「desknet’s SSS バージョン3のポータル画面
「desknet’s SSS バージョン3のポータル画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ネオジャパンは,日報による上司と部下のコミュニケーション機能を中核に据えた営業支援システムの新版「desknet’s SSS バージョン3」を2008年2月14日に出荷した。新たにWeb画面をポータル化して情報の閲覧性を高めたほか,データベース管理システムを採用して過去データの検索性を高めた。価格は,基本構成(10ユーザー)で20万7900円,追加10ユーザー・ライセンスが10万5000円,など。

 desknet’s SSSは,Webブラウザまたは携帯電話から利用する営業支援システムである。日報(行動報告)ベースで仕事を進める外回りの営業担当者と,営業担当者を統括するマネージャ職とのコミュニケーションを円滑にすることが狙い。現場の営業担当者が日報に記入する情報に基づき,「営業の行動履歴管理」,「顧客管理」,「受注管理」などを実現する。営業情報を共有することで,組織としての営業力強化も図れる,としている。

 新版では,トップ画面をポータル化して情報の閲覧性を高めたほか,データベース管理システムであるSQLiteを組み込んで,営業履歴データの検索性を向上させた。ポータル画面で表示する項目は,「新着日報のお知らせ」,「掲示板」,「個人週間スケジュール」,個人や所属部署の「当月受注・粗利推移状況」,「売上グラフ」,「売上達成グラフ」。一方,データベース化したのは,「日報データ」,「顧客データ」,「商品データ」,「掲示板データ」,である。

 また,新機能として「掲示板」を追加した。電子メールを同報する代わりに,営業関連メンバー全員に伝えたい共通の文面を一定期間掲示する,といった使い方ができる。このほか,商品マスターのカテゴリ分けを最大3階層まで可能にするなど,細かな機能改良を20カ所以上施した,としている。

 Webアプリケーションの稼働OSはWindowsまたはLinux。IISやApacheなどとともに使う。