PR
写真●3日目の基調講演に登場したソフトバンクモバイルの孫正義氏
写真●3日目の基調講演に登場したソフトバンクモバイルの孫正義氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「Mobile World Congress 2008」3日目の基調講演に登場したのは、ソフトバンクモバイルの孫正義代表取締役社長兼CEOだ(写真)。「Over the Top Services」と題した講演に、米ヤフーとカナダRIM(リサーチ・イン・モーション)のトップと共に壇上に上った孫社長は、「2008年は、携帯電話機が音声マシンからインターネット・マシンに進化する年になるだろう」と宣言した。理由として挙げたのが、HSDPA(数Mビット/秒の移動体通信網)によるアクセス回線の高速化、端末に搭載されるCPUの能力が高まったこと、ディスプレイの高精細化の3要素。これは、先日の国内での会見で述べていたものだが、改めてMWC2008の来場者にもモバイルとインターネットの融合を呼びかけた。

 次から次へと紹介するボーダフォン買収後の成功談には司会者も失笑気味だったが、「IT業界にマイクロソフトが登場したときは、IBMなど既存勢力がみんな“かわいい、かわいい”と言っていたものだが・・・」との発言では、会場は爆笑の渦に。同時に、インターネット企業が続々とモバイル業界に参入した現状を踏まえて、既存勢力である通信事業者はインテリジェントを持たないといけないと戒めた。

 講演後の質疑応答セッションの話題の1つが、パソコン向けインターネットと携帯電話向けインターネットのビジネス・モデルの違い。孫社長は、加入者からの利用料金と広告のバランスが重要だとして、広告に依存度が極端に高いパソコンのモデルとは異なるモデルがあるという持論を展開した。広告依存度が高いグーグルがモバイルでも成功できるかどうか、という同氏のコメントには、会場が大いに沸いた。

 さらに「高速回線が利用できる10億の携帯電話の加入者に対して、残り20億はいまだに第2世代の低速のインフラを使っている。この20億はどうすればいいのか」という会場の来場者からの質問には、即座に「単に時間だけの問題だ」と答えるなど、最後まで会場を沸かせた。