PR
クリントン氏の動画を“えさ”にした悪質メール(マカフィーの情報から引用)
クリントン氏の動画を“えさ”にした悪質メール(マカフィーの情報から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 米マカフィーや米サンベルトソフトウエアなどは2008年2月13日、ウイルス(悪質なプログラム)に感染させようとする悪質メールが出回っているとして注意を呼びかけた。

 悪質メールは、米大統領選で民主党指名をバラク・オバマ氏と争っているヒラリー・クリントン氏の動画ファイルに見せかけて、ウイルスをダウンロードさせようとする(図)。

 メールはHTMLファイルで、件名は「Hillary Clinton Full Video!!!」。メール中の「Download it now!」をクリックすると、ウイルスファイルがダウンロードされる。そのファイルを実行すると、ウイルスに感染。パソコンを攻撃者に乗っ取られる恐れなどがある。

 今回のケースと同様に、ウイルスを動画に見せかけてダウンロードおよび実行させようとする悪質メールは後を絶たないという。このためマカフィーでは、悪質メールに十分注意することや、迷惑メール対策ソフトやウイルス対策ソフトで守りを固めることなどを勧めている。