PR

 日本ネットワーク・アプライアンスは2008年2月14日,仮想化環境向けにストレージ管理ソフトの新製品を発売すると発表した。

 新たに発売するのは,「SnapManager for Virtual infrastructure」(SMVI)と「Provisioning Manager」の2製品。このうち,SMVIは,米ヴイエムウェア製仮想化ソフト「VMware ESX Server」で構築した仮想化環境下のOS,アプリケーション,データをストレージにバックアップするなどの作業を自動化するソフトである。仮想サーバーの管理者は,ストレージへのバックアップや複製,ディザスタ・リカバリなどのポリシーをGUIベースで設定することによって,作業負荷や待ち時間を軽減できる。

 Provisioning Managerは,管理プロセスのポリシーに基づいてストレージ容量を自動的に割り当てるソフト。仮想化環境のサーバーとストレージの利用率を可視化し,利用状況に応じて容量の確保や割り当てを行うことで,ストレージ容量を有効活用できるようにする。

 両製品とも,日本ネットワーク・アプライアンスのストレージ統合管理ソフト「Operations Manager」のオプション機能として提供する。出荷開始は2008年第2四半期(4~6月)。価格は未定。

[発表資料へ]