PR
写真●サイボウズブログ 2.0のトップ画面。同社のグループウエア製品と見た目が同じユーザーインタフェースを採用した。左上のロゴは自社のロゴに置き換えられる
写真●サイボウズブログ 2.0のトップ画面。同社のグループウエア製品と見た目が同じユーザーインタフェースを採用した。左上のロゴは自社のロゴに置き換えられる
[画像のクリックで拡大表示]

 サイボウズは2008年2月14日、SNS機能を搭載した「サイボウズブログ 2.0」のベータ版を公開した(写真)。従来のグループウエア製品にはない、社員のプロフィールや意見、疑問といった情報を共有する機能を追加したことで、「人の見える化」を促す。製品版は3月に発売予定だ。

 サイボウズブログ 2.0は、2006年10月に発売したブログ・ソフト「サイボウズブログ」の最新版。社員の誰もが楽しんで利用できるように、「書くたびハッピー」「読むたびワクワク」といったテーマの機能を盛り込んだという。

 例えば、「Good!/共感!」のボタンをクリックすると、社員が書いた記事の内容に、納得、または同感したといった意思を書き手に表示できる。「人気ランキング」機能を使えば、どの記事が一番読まれているのか、また、どの記事にコメントが多く寄せられているのかといったことが分かる。社員が書き込んだ記事に、アンケート投票や飲み会などの日程調整機能を追加できるといった、「イベント機能」も用意した。

 価格は、12万8000円(10ユーザー版)から。3月31日まではキャンペーンとして、旧バージョンと同じ価格の7万9800円(10ユーザー版)から提供する。2009年2月ころまでに約100社の導入を目指す。