PR

 ストレージ装置ベンダーである日本ネットワーク・アプライアンス(NetApp)は2月14日、IAサーバーを使ったシステムの仮想化に対応した新製品などを発表した。ヴイエムウェアのサーバー仮想化ソフト「VMware ESX」が普及していることを背景に、こうした仮想サーバー環境を同社のストレージ製品にバックアップする運用管理ソフトなどを投入する。

 新製品は二つで、いずれもソフト製品。具体的には、VMwareで構築した仮想サーバー環境をNetAppのストレージ装置にバックアップ/リストア、複製、災害復旧する作業を、簡易なGUIの画面操作だけで実現できる運用管理ソフト「SnapManager for Virtual Infrastructure」(SMVI)と、NetAppのストレージ装置が実装するディスクドライブやRAIDグループをまたがって仮想的にボリュームを割り当てられるようにする運用管理ソフト「Provisioning Manager」がある。

 このほか、サーバーのバックアップなどを支援するソフト「SnapManagerシリーズ」、バックアップ環境を統合するソフト「Protection Manager」、NetAppのストレージ装置が実装するOS「Data ONTAP」で機能強化を図った。いずれもVMwareで構築したサーバー環境にも対応したもの。例えばData ONTAPでは、複数の仮想サーバー環境で重複するようなOSの部分などを排除する機能を追加した。複数の仮想サーバー環境をバックアップする際に、ストレージ装置のスペースを無駄に消費することを防げる。

 新製品と、機能強化した既存製品の出荷時期は、4~6月になる予定。現時点で価格は未定。今回の発表に関連して、販売パートナー向けにはWebサイトを使ったトレーニングメニューを用意した。また、販売パートナー向けのWebサイトを通じて詳細な技術情報などを公開済み。今後は4月に開催予定の販売パートナー向け定期セミナーにて今回の新製品と機能強化の詳細を説明する計画である。