PR
リコーの複写機に外付けで取り付けたRFIDリーダー/ライター。将来実用化する際には、リーダー/ライター機能を複写機内部に取り込み、原稿台に置いただけで検知できるようにしたいとする
リコーの複写機に外付けで取り付けたRFIDリーダー/ライター。将来実用化する際には、リーダー/ライター機能を複写機内部に取り込み、原稿台に置いただけで検知できるようにしたいとする
[画像のクリックで拡大表示]
『ゼンリン住宅地図』をコピーする際、背表紙をRFIDリーダー/ライターに近づけ、RFIDタグ内の書籍情報を読み込ませる
『ゼンリン住宅地図』をコピーする際、背表紙をRFIDリーダー/ライターに近づけ、RFIDタグ内の書籍情報を読み込ませる
[画像のクリックで拡大表示]
複写機のディスプレイに書籍名などの情報が表示される。『ゼンリン住宅地図』の発行元であるゼンリンのロゴが強制印刷されるが、印刷場所は選択できる
複写機のディスプレイに書籍名などの情報が表示される。『ゼンリン住宅地図』の発行元であるゼンリンのロゴが強制印刷されるが、印刷場所は選択できる
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所、リコー、ゼンリンは2008年2月15日、企業内の複写機で書籍をコピーした際に、コピー枚数に応じて著作権使用料を権利者に支払うためのシステムを試作し、実証実験を行ったと発表した。書籍をはじめとする出版物を商用目的でコピーする場合に、コピーされた書籍名と枚数を詳細に記録し、過不足なく著作権使用料を支払うことが可能としている。

 今回試作したシステムは、専用ソフトとRFIDリーダー/ライターを取り付けた複写機、履歴管理用の複写管理データベース(DB)から成る。コピー対象となる書籍には、あらかじめ背表紙にRFIDタグを取り付けておく。

 このシステムで書籍をコピーする際には、まず書籍をRFIDリーダー/ライターにかざす。すると、複写機のモードが書籍コピー用に切り替わり、複写機のディスプレイに書籍名などの情報が表示される。倍率や枚数などを指定してコピーを実行すると、履歴が複写管理DBに書き込まれる。コピーによる出力紙には出版社のロゴと、孫コピーをチェックするための“透かし”が同時に印刷される。

 複写管理DBは、複写機メーカーがコピー料の課金システムを拡張する形で運用。ユーザー企業からコピー料の支払いを受ける際、併せて著作権使用料も受け取り、これを権利者や権利者団体に送金するという仕組みを採る。なお、複写機に専用ソフトとRFIDリーダー/ライターを追加する費用は1台当たり約10万円、RFIDタグは1個当たり約5円としている。